新商品を瓶詰めしました!!

 昨年、ごく少量ですが『万力ブラン』という商品がリリースされました。

品種はプティ・マンサン。こちらはやや辛口のワインで、青リンゴや蜂蜜のような、芳醇なアロマを持つワインです。

 今回、万力ブランと同じ畑で収穫された”プティ・マンサン”を使い、甘口ワインを造りました!

こちらも青リンゴや蜂蜜のような香りで、濃厚な口当たりに仕上がりました。普通の甘口ワインとは一味違うと思います。写真は瓶詰めの風景です。

 甘口好きの方はもちろん、今まで甘口をあまり飲んでこなかった方も、是非ご賞味ください。

*発売時期につきましては未定でございます。決まり次第お知らせ致しますので、よろしくお願いいたします。

IMG_0491 IMG_0493

 

 

 

オレンジワイン、リリース!

 お待たせ致しました!!

オレンジワインこと2019 甲州醸しをリリースしました!

 甲州種100%で、赤ワイン同様ブドウを皮と種ごと発酵させて造りました。酸とタンニンの絶妙なバランスが食欲をそそります。是非、お食事中に飲んでいただきたいワインです!

 また、15℃前後で召し上がられることをお勧めします。

IMG_0300

 

¥2,420(税込)、3,141本限定醸造となります。

 

デゴルジュマン。

 今回はペティヤンのデゴルジュマンを行いました。

ペティヤンはデラウェア種100%の、白のスパークリングワインです。パイナップルのような芳醇な香りが特徴的で、冷やしてゴクゴク飲むには最適です!

いつもはビールという方にもぜひ飲んでいただきたいワインです!

 デゴルジュマンは瓶の先端に集まったオリを凍らせることにより、取り除く方法のことです。

IMG_0236

このように、きれいにオリを取り除くことができます。

IMG_0239

クレマン リリース!!

 鮮やかなピンク色のスパークリングワイン、クレマンがリリースされました!

暖冬とはいえ、まだ寒い日が続いています。しかし春の足音もすぐそこまで近づいている今日この頃です。

 先月のバレンタインデーも終わり、今月にはホワイトデーがあります!

そこで、例年とはちょっと違ったプレゼントはいかがでしょうか?

 かわいらしいピンク色に、果実感のある香り。普段ワインを飲まない女性であっても、きっと喜んでくれると思います!

 この機会に、ぜひ試してみてください!IMG_0281

¥2,420(税込)

241本限定醸造のため、1家族2本までとなります。ご了承ください。

 

ヴィンテージ替わりました!

 プレミアムワイン『ドメーヌ ルバイヤート』ヴィンテージが替わりました!

今回、2013から2014に替わります。

 熟成感も味わうことができ、バランスのとれたワインです。弊社のラインナップの中では高価なワインですが、価格以上の価値があると思います。

 是非ご賞味ください!

IMG_0224

瓶詰め!

 甲州醸しの瓶詰めをしました。

 今回は3,000本以上詰めることができました!瓶詰め中にもワインの香りが漂い、とても心地良い中で仕事をすることができました。

 今は瓶の中で熟成しています。来月のリリースまで、しばらくお待ちください!

 

IMG_0162IMG_0160

ろ過しました。

 オレンジワインこと甲州醸しをろ過しました。

透き通るオレンジ色に生まれ変わりました。熟成させることで、色も濃くなっていきます。

香味よく、いろいろな食事に合わせやすいので食欲をそそられます!

IMG_0158

クレマンのその後。

 ピュピトルに立ててから数日後のクレマンの様子です。

瓶の先端にオリが集まってきているのがわかります。あと約1週間、このまま立てておきます。

完成が楽しみです!IMG_0156

きれいなオレンジ色になります。

 ろ過前の「甲州醸し」です。少し濁っていますが、ろ過をすることできれいなオレンジ色になります。

 弊社の甲州醸しは、瓶の中で熟成することにより色がどんどん濃くなっていきます。その変わりようは、毎日見ている私達が容易に気付くほどです。

 サンプル写真が無いため、今回は皆様にお見せすることが出来ないのが残念でたまりませんが、リリースしましたら、実際にお手に取りその変化を実感されてみてはいかがでしょうか!?

 乞うご期待!!IMG_0152

オレンジワイン、樽出し!

 樽で熟成していたオレンジワインこと、甲州醸し樽出ししました!

こちらのワインは、今年1月3日の山梨日日新聞で紹介されたワインと同じものになります。

甲州種100%で、オレンジワイン特有の苦みがクセになります。

 ・白・ロゼ

この王道を飲み続けるのも良いですが、オレンジワインというジャンルに挑戦してみるのも、ワインラバーの皆様にとってはすばらしい機会だと思います!IMG_0151

 

« Older Entries Recent Entries »