Monthly Archives: 1月 2019

若い子とそうじゃない子と

インフルエンザが流行ってますね。予防対策としてマスク・うがい・手洗いがよく言われておりますが水を定期的に飲むだけでも良いみたいです。ノドに付着したウイルスも水を飲むこと胃袋で菌を殺してしまうとのこと。個人的には「くう ねる あそぶ」をちゃんとしていれば風邪はひかないと信じております!もちろん仕事もきちんとやってますよ(笑)

さて今週も引き続き剪定です。棚仕立ての甲州を剪定しているのですが、プロ野球選手で入団と引退があるように畑でも世代交代の流れがあります。ブドウの収量を減らすワケにはいかないので、いきなり樹を切るということはしないのですが、少しずつ若手に道を譲っていきます。今日はその様子を紹介します。

IMG_5383

この樹は樹齢7年。まだ幹も細く若々しいですね。

IMG_5386

こちらが樹齢20年クラス。幹が太くどっしりとしています。

この畑では最初に若い樹の剪定を行います。先端を伸ばして樹形をより広げます。

IMG_5367

若い樹の先端。先端の枝は長めに残すとより力強く伸びます。

IMG_5384

こちらも若い樹の樹形です。枝の周りがすっきり空いている感じもしますが、これは周りの樹から伸びた幹を切ったから。

IMG_5385

左側が20年生で右側が7年生の枝。左の枝をざっくり切ってます。誘引前なので分かりづらいですが、この様に剪定をして7年生側のスペースを確保しています。

若い子の成長を邪魔するベテラン(=樹齢20年クラス)は少しずつ樹形を狭くして退いていきます。ベテランの樹も樹形が良くて良いブドウが収穫できる様であれば問題ないのですが、枯れた幹が出始めたり樹形が広がり過ぎたりと色々あります。その調整も含めての剪定です。今切っている樹と周りの樹を考えながらの作業。やりがいがありますがなかなか難しいです。

本日はここまで!以上、ヤマシタでした!

寒い夜だから…

昨日の朝、外に置いてある気温計を見てみると -6℃。とにかく寒い勝沼です。タイトルの「寒い夜だから」。TRFの曲じゃないんです!山梨では寒過ぎて外の水道管が凍ってしまうのです!なので1月の朝はまず解氷作業から始めます。今回はその様子を紹介します。

IMG_5177

水道管は前日に元栓を閉めてから全てレバーをオープンして水を抜いておきます。レバーを閉じてから元栓を開けるのですが、凍っていてレバーが動きません。これを無理に動かそうとするとレバー自体が曲がってしまいます。

IMG_5181

そこでお湯で流してあげて。。。

IMG_5182

動きます!前日に電気ポットの水を満タンにしておくことがミソです。備えあれば憂いなしですね。

山梨では水道管に電熱線を巻いて凍るのを防いでいる家庭も多いです。

今日は朝のひと時をアップしてみました。以上、山下でした!

シャルドネの剪定

去年のクリスマス頃から雨が降っていないということでとても乾燥しております、2019年年明けの勝沼です。マスクを着用している人が目立つようになりましたね~。この季節はいつインフル持ちの人と出会ってしまうかわからないので予防用のマスクを懐に忍ばせておくと良いかもしれません。でも自分が誰かに近づいたとたんにマスクを付けだしたらそれはそれでなんかショックですね(笑)

さてさて畑では昨年から引き続き剪定を行っております。

IMG_5135

写真は旧屋敷という畑の垣根のシャルドネ。ギヨー式という仕立て方です。剪定枝もまとめておきます。

IMG_5136

切り口には乾燥と菌の予防に木工用ボンドを塗ります。

IMG_5141

こんな巻きヒゲもありました。お隣さんと握手。(撮影後には鋏でチョッキン。。。)

垣根の剪定はどれも似た写真になってしまいそうですが、品種によって枝の特徴もあります。次回以降にアップしたいと思います。

本日はここまで!以上、やましたでした!