あれから2年。


3月11日。
今日の14時46分、勝沼町では町内放送でサイレンが流れ、黙祷を捧げました。
改めて、震災で亡くなった方々のご冥福をお祈りするとともに、被災地や被災者の方々のために自分が何ができるのかを考え行動しなければと思います。
そして、改めて考えなければいけないこと・・・防災グッズの見直しです。
震災直後、強い余震に怯えて慌ててカバンまとめた品々も、時間の経過とともに元あった場所へと戻っていってしまいました。
あるから大丈夫と思っていた食糧も・・・
PAP_0002.jpg
賞味期限が切れていました。
万が一に備えて、もう一度備えを見直さなければ。
梅田でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*