お花見にいかがですか?

 鮮やかなピンク色のスパークリングワイン、クレマンです。2019-01-08 10.04.28

エチュードのときと同じようにビンを逆さまにしておき、

先端にオリを集め3週間後に取り除きます。

 かわいいピンク色ですので、お花見や女子会に

ぴったりのワインです。

 発売は2月下旬から3月上旬を予定しておりますが、

こちらのブログで随時お知らせ致します。

 

 

数量制限、解禁!

 新年になり、エチュードなどをご購入していただく際の数量制限が無くなりました。

 年末年始に飲みきってしまい、もっと飲みたいというお客様もいるかと思いますので、この機会にぜひお買い求めください!

36ヶ月熟成のエチュードもありますので、通常のエチュードと飲み比べてみるのも面白いと思います。

 

年始のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

あっという間に新年も3日が経ちました。年末年始は弊社のワインを飲んでいただけたでしょうか?

弊社一同、今年も一生懸命ワイン造りを行って参りますので、よろしくお願い致します。

お客様にとって素晴らしい1年になりますように。

 

年末のご挨拶

 いつも弊社のワインをご愛飲くださりありがとうございます。

お客様の支えがあり、今年もここまで来ることが出来ました。

今年も無事仕込みを終え、新たな年を迎えようとしています。

 弊社一同、これからも精進してワイン造りを行って参りますので、末永くよろしくお願い申し上げます。

樽入れの様子

2018-11-28 09.27.30 2018-11-28 09.26.16 今回はメルローという品種の樽入れをしました。今年に仕込んだばかりのワインです。

 これから約1年間樽の中で熟成させるのですが、来年の春に1度オリ引きし、 また樽に入れ直します。

 ワインはタンクから送られてきます。23樽分ものワインを樽入れするため、樽から溢れないように細心の注意を払いながら行います。

 

樽出しの様子

樽から出しているのは、2017年に仕込んだメルローという品種のワインです。2018-11-26 11.29.56

樽の底にオリが沈殿しているため、それを吸い込まないようにガラス管の部分からワインの色を見ます。色が濁ってきたら樽出し終了です。

1樽あたり約230リットルものワインが入っているのですが、樽出しの終盤になってくると数秒のうちにオリが吸い込まれてしまうため、とても神経をつかう仕事です。

オリをたくさん吸い込んでしまうと、ワインをろ過する時に大変苦労します。

プティヴェルドの樽出し

写真はプティヴェルドという品種のワインを樽から出した時の様子です。PV樽

毎年この時期に、オリ引きしながら樽出しします。

後日、瓶詰めをし、今は熟成中です。

‘‘甲州かもし‘‘について

今年も甲州かもしを造りました!

‘‘甲州かもし‘‘とは、甲州種のブドウを皮と種ごと発酵させて造ったワインです。

甲州種は通常、搾った果汁を発酵させて造る2018-11-02 08.41.24

白ワイン用のブドウとして用いられることが多いのですが、

甲州かもしは赤ワインと同じ製法で醸造しました。

そうすることで、豊かな香りとキレのあるタンニンを感じることができます。

写真は、コンクリート製のタンク内で発酵中の甲州ブドウです。

 

11月23日(金)、3年熟成エチュード リリース!

image1 以前よりお知らせしております3年熟成エチュードが、11月23日(金)に、ついにリリースされます!

通常のエチュードとは異なる、熟成した心地良い香味をぜひお楽しみください。

 尚、少量販売となりますので、売店限定とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

 

 

 

3年熟成エチュードについて

 3年間熟成させたエチュードが、11月後半にリリースされる予定です。

写真は、チュピトルという木製の台にビンを逆さまに置いている様子です。

このようにしておくことで、ワイン中のオリをビンの先端に集め、取り除きやすくします。

 3年間熟成させたことで、香味に厚みがあり、レギュラータイプのエチュードとは

異なる仕上がりになっております。

ご期待ください!2018-10-30 16.47.11

« Older Entries Recent Entries »