樽入れの様子

2018-11-28 09.27.30 2018-11-28 09.26.16 今回はメルローという品種の樽入れをしました。今年に仕込んだばかりのワインです。

 これから約1年間樽の中で熟成させるのですが、来年の春に1度オリ引きし、 また樽に入れ直します。

 ワインはタンクから送られてきます。23樽分ものワインを樽入れするため、樽から溢れないように細心の注意を払いながら行います。

 

樽出しの様子

樽から出しているのは、2017年に仕込んだメルローという品種のワインです。2018-11-26 11.29.56

樽の底にオリが沈殿しているため、それを吸い込まないようにガラス管の部分からワインの色を見ます。色が濁ってきたら樽出し終了です。

1樽あたり約230リットルものワインが入っているのですが、樽出しの終盤になってくると数秒のうちにオリが吸い込まれてしまうため、とても神経をつかう仕事です。

オリをたくさん吸い込んでしまうと、ワインをろ過する時に大変苦労します。

プティヴェルドの樽出し

写真はプティヴェルドという品種のワインを樽から出した時の様子です。PV樽

毎年この時期に、オリ引きしながら樽出しします。

後日、瓶詰めをし、今は熟成中です。

‘‘甲州かもし‘‘について

今年も甲州かもしを造りました!

‘‘甲州かもし‘‘とは、甲州種のブドウを皮と種ごと発酵させて造ったワインです。

甲州種は通常、搾った果汁を発酵させて造る2018-11-02 08.41.24

白ワイン用のブドウとして用いられることが多いのですが、

甲州かもしは赤ワインと同じ製法で醸造しました。

そうすることで、豊かな香りとキレのあるタンニンを感じることができます。

写真は、コンクリート製のタンク内で発酵中の甲州ブドウです。

 

11月23日(金)、3年熟成エチュード リリース!

image1 以前よりお知らせしております3年熟成エチュードが、11月23日(金)に、ついにリリースされます!

通常のエチュードとは異なる、熟成した心地良い香味をぜひお楽しみください。

 尚、少量販売となりますので、売店限定とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

 

 

 

3年熟成エチュードについて

 3年間熟成させたエチュードが、11月後半にリリースされる予定です。

写真は、チュピトルという木製の台にビンを逆さまに置いている様子です。

このようにしておくことで、ワイン中のオリをビンの先端に集め、取り除きやすくします。

 3年間熟成させたことで、香味に厚みがあり、レギュラータイプのエチュードとは

異なる仕上がりになっております。

ご期待ください!2018-10-30 16.47.11

醸造ブログを再開します。

いつもルバイヤートワインをご愛飲くださりありがとうごいざいます。

仕込みが終わり落ち着いてきましたので、醸造ブログを再開したいと思います。

2018-09-11 17.19.44

右の写真は発酵初期のメルローという品種のブドウです。

メルローはタンニンも少なく、比較的飲みやすいタイプのワインとなります。

ワイン初心者の方でも飲みやすい品種ですので、試してみてはいかがでしょうか。

弊社にもメルローをブレンドしたワインがありますので、ぜひ飲んでみてください!

 

リリース!

毎日毎日、暑い日が続きますね(+o+)

皆さん、熱中症に気お付けてください。早めの水分補給です!

 

さて、、

「万力ルージュ2016」

16manriki2

販売開始です!

山梨市のフルーツ公園下の南向き斜面のブドウから造られるワインです。

タナ種主体にメルロー、少しのプティ・ヴェルドとシラーをブレンドしました。

売店・飲食店限定商品です。

是非、皆様のご来店、お待ちしております! m(__)m

 

2017甲州シュール・リー瓶詰め

2018-05-23 01ゴールデンウィーク明けから3週に渡り、計6日間で2017甲州シュール・リーの瓶詰めを行いました。

1つのタンクを2日間かけて瓶詰めし、

6日間で5万本弱の瓶詰めを行いました。

発売をお楽しみに!

 

 

樽洗い

2018-05-07 01 1

樽洗いの風景です。

熱湯冷水で洗います。

全身を使い樽を揺らしながら洗うため、次の日には筋肉痛になることもあります。(笑)

 

 

 

« Older Entries