Category Archives: 未分類

ピッタリサイズ

桃の花も見頃を過ぎて、葉の緑も目立ってきました勝沼です。

先日は誘引のことを書きました。誘引はテープナーという道具を使うのですがそれに使う芯がこちら。

image9

いわゆるホッチキスの芯ですね

そして次はこちら。

image10

子供の頃に食べてたお菓子、懐かしのチョコベビーのケース

 

なんとコレが。。。

image11

芯がピッタリと納まるんです!しかも1箱がキレイに納まるジャストサイズ!まさにこの為にあるかのよう。私が畑仕事に携わってから感動したことの1つです(笑)こらから誘引始める人はまずチョコチップを買いましょう!

以上、山下でした!

蔵コン用に

皆さん、こんにちは。
4月12日に丸藤恒例の「蔵コン」を開催します
今回は、ジャズです
今年は桃の花が咲いていると良いですね
さて、このワインと音楽のイベントでは
毎年、ワインを熟成していた空樽を販売しています。
それに加え、樽を半分に切り、加工したプランターも
いくつか販売する予定です
先日、女性2人で丸ノコ等を駆使し、作成しました[emoji:e-271]
赤ワインを熟成していた樽の中は綺麗なワインレッドです。
写真 1
防水加工のペンキを塗ってしまうので、
色は茶色っぽくなりますが
お庭に1つ、いかがでしょうか

甲州の剪定

皆さん、こんにちは。
大雪のため作業が遅れていましたが、
ようやく甲州の剪定が終わりました[emoji:e-466]
すっきりした畑をご覧ください[emoji:e-2]
写真 5
写真 4
根が水を吸い上げ、枝が柔らかくなり始めた頃、誘引を行います。
それまでは剪定枝の焼却や棚に付いた巻きひげなどを
綺麗に取り除く作業が続きます[emoji:e-269]
畑のお掃除です

剪定講習会

みなさん、こんにちは
栽培のメンバーで剪定講習会に参加してきました。
P1280356更新
甲府のとある圃場で行われた講習会で
実際に篤農家の方が棚の甲州、マスカット・ベイリーA、
垣根のシャルドネなどを剪定し、ポイント、ポイントを
説明してくれる、非常に勉強になる会でした
垣根とは違って、樹の葉面積を年々広げていくことを
目的の1つとした甲州の剪定は複雑です。
ブドウ樹の習性を知り、その論理が分からないと
上手くいかないのです
今回、なんとなく理解できたような…
垣根に慣れた私には少々難しいです

剪定

みなさん、こんにちは。
年が明けてすでに20日も経ってしまいました
遅ればせながら、今年もルバイヤート畑便りを宜しくお願いします。
毎朝氷点下の気温の中、畑では剪定が始まりました
剪定前
写真は剪定前の旧屋敷シャルドネです。
剪定後
剪定後はすっきりして気持ち良いですね。
結果母枝を2本残してあとは切り落とします。
剪定近
垣根仕立ての長梢剪定です。
剪定は収穫量や樹勢に大きく影響しますし
病害虫の防除という面でも大切な作業です
今年も健全で熟した果実が収穫できますように

若木PV収穫

本日は北畑の若木プティヴェルドー(PV)の収穫でした
このPVはまだ若い木ですので、通常よりも早く成熟します
そのため通常PVよりも早く収穫し別のタンクで仕込みます
場所によっては晩腐が出始めていますが
まずまずの出来ではないでしょうか


明日は別の畑の若木を収穫します!!

巨大キノコつづき

先日お伝えした巨大キノコの詳細が判明しました!!
fc2blog_2013090611183388d.jpg
この白い巨大なキノコが畑に生えていたのですが
日本名:藪玉(ヤブダマ)
英名:Giant puffball (ジャイアントパフボール)
というホコリタケ類オニフスベというキノコの仲間らしいのです
ちなみにロシアのある地方では半端ない大きさになるらしいのですが
興味のある方はこちらのページからどうぞ
巨大キノコを見つけてぜひ、食してみたいという方は
こちらの動画にて料理の仕方が載っています
はんぺんのような食感に似ていて、味はまずくもないしおいしくもないそうです…

レインガード

生食用のブドウが次々とべレゾン(糖度が上昇しはじめ果肉が軟化し,果皮が色づくこと)を向かえ
いよいよ醸造用の赤系のブドウもべレゾンに突入し始めました
写真はメルロー

今年はとても暑いので、色がちゃんと入ってくれるか心配ですが…
今年は雨が少ないので、心配ないと思いますが
本日はレインガードをメルローの畑に設置しました
これで雨が降っても大丈夫!!

ソーヴィニヨンブラン剪定

先日ソーヴィニヨンブランの剪定を行いました!

甲州や他の棚で栽培されるぶどうのような
くねくねとした仕立て方ではなくて
こちらは真直ぐ主幹を伸ばし、
短梢剪定することで、綺麗に左右に新梢が分かれ
整列するようにする仕立て方
一文字短梢と言う仕立てかたです
ソーヴィニヨンブランは果房がギュッと握りやすい品種ですので
樹勢のコントロールはとても重要になってきます
そこで弊社では通常の醸造用ぶどう品種と比べ
多めに芽を残し初夏に様子を見ながら、芽かきをして、
樹勢をコントロールします

大掃除

みなさんお久しぶりです
仕込みを終え、師走は瓶詰め出荷イベント等がばたばたとあり
あっっというまに年末です
今年も残りあとわずかですが、本日27日は弊社の仕事納めの日
社員全員で会社内の大掃除です
FxCam_1356586153269.jpg
大扉を拭き掃除
FxCam_1356586064849.jpg
ぶどうの集荷に使用する2㌧トラックの荷台にニスを再塗布
FxCam_1356586022269.jpg
フォークリフトのグリスアップと点検
FxCam_1356585981370.jpg
倉庫の掃き掃除
FxCam_1356585899700.jpg
クモの巣取り  
社員一同感謝と心をこめて掃除をしました!
皆様のまたの御来店を心からお待ちしております
そして
今年丸藤葡萄酒、ルバイヤートワインと関わりがあったすべての皆様
ありがとうございました!!
また来年もどうぞよろしくお願い致します
それでは皆様よいお歳を!!

« Older Entries