Monthly Archives: 1月 2013

シャルドネ剪定開始

昨日の勝沼の最高気温は3.6℃
非常に寒かったです
雪がまだ残る中、
昨日より古屋敷のシャルドネ剪定を始めました
すっかり葉が落ち、丸裸になった枝を
今年のシーズンに向けて剪定していきます

長梢剪定=1シーズン前の枝を左右に寝かせて節から出てきた芽を
          まっすぐ伸ばして垣根仕立てにする方法です
写真は剪定前のもので、枝がたくさん残っています

この樹の場合
昨年の剪定で、寝かせた枝が固定する針金よりも上にきています
こうなってしまうと、寝かせる時にとても折れやすいので
本来はもう少し下から出た枝を寝かせた方が、折れるリスクが減るので
枝を探していきます!
少し下に、昨年残した短梢(1~2芽残して短く切る方法)から
ちょうど2本生えているのがありました
この2本を残して、それより上を切ってしまいます

太い幹を切った後は木工用ボンドを付け
切り口が乾燥し枯れたり、凍害が起こるのを防ぎます
残るは、枝を左右に曲げていく作業ですが
この時期は枝も凍熟に入り、乾燥し折れやすいので
春になり幹が水を吸い上げ始め
枝が柔らかくなり、折れにくくなるのを待って
この2本を曲げていきます
本日の作業はここまで!