Monthly Archives: 6月 2010

蒸し暑いです。

梅雨入りしてから2週間ほど経ちました。
今年は雨の日が多いです・・・。
畑の作業は空の様子を見ながらで、少し遅れ気味になっています。
最近の雨の降っていない日は毎日誘引をしています。
ブドウの新梢はすっかり伸びて、そろそろ摘芯が必要になってきました。
長さにして2.5~3mくらい。
誘引線の一番上の線も追い越して枝垂れています。
雨も多いのでグングン伸びています。
滝の前メルロー
自社畑『滝の前』のメルロー。
新梢がグ~ンと伸びました。
果房の方は、実止まりして、果粒も徐々に大きくなってきました。
今は小豆大から少し小さめの大豆大くらいです。
もうすっかりブドウの形になっています。
お天気のせいか、畑ではベト病が発生しています。
梅雨に入り、ベト病にとっては適温適湿で活発になっています。
湿度があって、低温(30℃以下)だとベト菌にとっては心地良いそうです。
逆に低湿度や、30℃以上の高温になると、発病が少なくなるそうです。
う~ん、この天気が憎い・・・。
早く梅雨明けしてほしい!

2009年 甲州樽貯蔵を樽出ししました。

今、いたるところでブドウの花が咲いています。
勝沼の町中、ブドウの花の香りが漂っています。
レンゲソウとかスイセンなど連想します。
昨日、2009年の甲州樽貯蔵を樽から出しました。
樽発酵のものが5樽、樽貯蔵のものが9樽、計14樽です。
樽の底にたまった澱を除くと、約3000Lのワインになりました。
瓶に換算すると約4200本ほどになりそうです。
明日は瓶詰めです。
2009年甲州樽貯蔵は瓶詰め後すぐ発売される予定です。
どんな仕上がりになっているかお楽しみに!

シャルドネが開花しました。

今日の午前中は良いお天気でしたが、今は雷がゴロゴロ。
雨も降り始めて、夕立のような天気になっています。
近くに雷が落ちて、大きな音にビックリしました。
今の畑仕事は誘引作業が中心です。
ぐーんと伸びた新梢をテープでワイヤーに固定していきます。
旧屋敷シャルドネ
『旧屋敷』のシャルドネ。
ほんの少しの間にずいぶん生長しました。
そして、そして!
シャルドネ開花
シャルドネの花が開花し始めました。
春の低温でスタートが遅かったためか、例年より1週間ほど遅めの開花となりました。
『滝の前』でも、メルローや若木のプティ・ヴェルドが開花し始めています。
ブドウの花はとても芳香の強い香りです。
私はこの花の香りが大好きです。
また、品種によっても、香りのイメージが違うのは興味深いです。
もし、この時期にワイナリーへ来る機会がある方は、
ぜひ畑でブドウの花の香りをかいでみてください!