Monthly Archives: 8月 2009

摘房。

自社畑のシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、メルローがベレーゾンをむかえています。
この時期になると、摘房作業を行います。
摘房を行う時期は、各社いろいろなタイミングで行うようですが、
当社では、樹勢とのバランスを考えて、ベレーゾン期に行います。
8月4日にメルローの摘房を行いました。
メルローは新梢1本当たり2~3房(時々4房!)の果房がなっています。
これを、枝の強さを見ながら0~2房にしていきます。
さらに、果房の『肩』と呼ばれる部分も落としていきます。
肩摘房
メルローの『肩』を落としたところ。
特にメルローは『肩』が大きい!
樹になっている果実の半分近くを落としているような気がします。
何だかもったいない気分ですが、より品質の高いワインを造るためです。
摘房の道
振り返ると摘房した果房の道が出来ている。
(草で見えにくいですが・・・)
摘房後
自社畑『滝の前』のメルロー、摘房後。
スッキリ!