ソーヴィニヨン・ブランのデブルバージュ。


今日は昨日プレスしたソーヴィニヨン・ブランのデブルバージュを行いました。
デブルバージュは果汁処理のことです。
プレスした果汁を一晩静置し、上澄みとオリに分けます。
あまり果汁の濁度が高いと、ワインの香りがうまく引き出せない場合があります。
逆に低すぎると、発酵がうまく進まないことがあります。
ここの調整をデブルバージュで行います。
いい塩梅に果汁を調整するのが腕の見せ所です。
SBデブルバージュ
デブルバージュの様子。
液面から果汁を吸い上げていきます。
SB果汁の様子
ちょっと暗くて見えにくい&液面上部は若干褐色な部分もありましたが、果汁はきれいなウグイス色でした。
作業中、果汁からはキウイフルーツのようなフレッシュな香りが漂っていました。
SB酒母
果汁に添加する酒母。
今回使用したのは、ソーヴィニヨン・ブランの品種香を引き立たせてくれる酵母です。
モクモク泡立って、元気いっぱい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*