ソーヴィニヨン・ブラン収穫。


昨日と今日とで、自社畑のソーヴィニヨン・ブランを収穫しました。
ソーヴィニヨン・ブラン収穫
連柳入口のソーヴィニヨン・ブラン。
収穫量は約1トン。
年々収量が増えていくのが嬉しいです。
冷蔵庫へ
収穫したブドウを冷蔵庫へ。
低温にして酸化と劣化を防ぎます。
ソーヴィニヨン・ブランの畑は現在3ヶ所あります。
旧屋敷、試験園、連柳入口。
旧屋敷には、シャルドネに混じってソーヴィニヨン・ブランが1列だけあります。
垣根のソーヴィニヨン・ブランはここだけです。
試験園には、以前から一文字短梢のソーヴィニヨン・ブランが2列植わっています。
その隣にはシャルドネが植えてありました。
しかし、短梢のシャルドネはここの土地に合っていないらしく、果粒がはじけて腐ってしまいます。
そんな理由から、3年前ソーヴィニヨン・ブランに改植しました。
改植した木が育ってきて、だいぶん収穫ができるようになってきました。
連柳入口には、以前メルローが植えてありましたが、
ここも3年前にソーヴィニヨン・ブランに改植しました。
試験園同様、木が育ってきて、そこそこ取れるようになってきました。
仕立て方は一文字短梢&中梢(試験的に)です。
目標はソーヴィニヨン・ブランのワインが1000本を超えて、国産ワインコンクールに出品できるようになること。
今年はまだ無理だけど、来年はいけるかな?
収穫箱


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*