2009年 シャルドネスパークリング経過速報。


日中はポカポカと暖かくなってきました。
お昼のラジオでは梅の花の話題が多くなったように感じます。
春もだんだんと近づいてきていますね。
今日は2009年シャルドネスパークリングワインの2次発酵を仕掛けました。
低アルコールで発酵させ、古樽で熟成させていた2009年のシャルドネワイン。
このワインを澱引きし、2次発酵用の酵母を添加して、ビン詰めを行いました。
チームワーク
全体図はこんな感じ。
手詰め
泡用のビンはいつものビンよりも太いので、普段のビン詰めラインが使えず、
今回は手詰めの作業となりました。
打栓
社長自ら打栓を担当。
熟練の技が光ります!
貯蔵庫
こうして、約840本のワインがビン詰めされました。
ワインは地下貯蔵庫でビン内2次発酵・熟成されます。
無事に2次発酵が進みますように!
今回の澱を抜く半年後が楽しみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*