艶めく赤い彗星

昨日は日本全国とても温かく、甲府でも最低気温が14.2℃と89年ぶりの更新とかニュースでやっておりました。私も外にいましたが、半袖で作業をしておりました。なぜかというと赤いアイツを洗車をしていたからです!皆さんは山梨県に来てこの赤いマシンをみたことがありますか?

IMG_2356

県外から来た人に「あの赤いイモムシみたいな乗り物何?」とかよく聞かれます。これは農薬を散布する機械です。その名もSS(エスエス)!SSとはスピードスプレーヤーの略。ネットで調べてみたら果樹畑のアイドル、なんていわれてるみたいです。勝沼の農家さん、観光ブドウ園、ワイナリーだいたい所有しています。

農薬は適切なタイミングで適量を撒かないと病気や害虫が発生してしまい、それを無くすためには更に多くの農薬を必要とします。なので病害虫の予防をする為には農薬散布は欠かせません。

そんなSSですが、乗車することが少なくなる年末に洗車を行います。今年もお世話になったから、という意味もありますが、パーツを外したり、よく見ることで構造の勉強や故障個所の発見になったりもします。洗車前のSSがコチラ。

IMG_4765

農薬を散布してそのままな状態。散布後に水で流せばここまで白くならないのですが(笑)

IMG_4773

後ろはこんな感じ。散布の際は後ろに付いている大きいファンを回します。

IMG_4778

洗車後はこのピカピカ具合!エクセレント!ワックスまで掛けちゃいました。

IMG_4784 IMG_4782

艶めきがGOOD。新車の時はこんな感じだったのでしょう。

 

勝沼には「勝沼のポルシェ」と呼ばれているくらいピカピカにする方もいるそうです。丸藤だったら「藤井のフェラーリ」くらい言われてみたいものです(笑)皆さんも勝沼に遊びに来て赤いこの子を見つけたら「あ!SSだ!」と言いましょう!

また更新します!以上、やましたでした!

 

クズ狩り。いや、退治!

11月中旬になると勝沼ではころ柿の時季。(ころ柿とは干し柿のことです)住宅や観光ブドウ園に柿が干しているのをよく見かけます。丸藤の売店も古民家なのでころ柿が似合いそうです。

タイトルにある通り、今日はクズ退治を行いました。クズ(=葛)とはつる性の雑草のひとつで崖や坂の下から伸びてきます。農家の敵とも言われている厄介なヤツ。春~夏にかけてもクズを見かけたら切りますが、この時期に根元の方からがっつり駆除します。その様子をどうぞ。

IMG_4601

このウブ毛が付いたこれがクズという草。鎌でザクザク切ります。

IMG_4603

クズとかその他の草がぐちゃぐちゃ。とりあえず鎌で切りまくります。

IMG_4595

こちらは駆除前の様子。

IMG_4608

駆除後はこんな感じ。すっきりしました。暑すぎて途中から半袖で作業しました。

駆除後に見返すとなかなかの傾斜。クズ達のおかげで足元が安定してましたが、引き返す時には滑って落ちそうになりました。やつらはきっと来年に這いあがってくる。「またその時会おう。」と呟きながら北畑を後にする山下でした。。。

Fin.

ワインツーリズムのお話

寒くて朝起きるのが辛くなってきました勝沼です。朝起きたら暖房のスイッチをポチっとな、なんて人も増えていることでしょう。

タイトルの通り、先日の11/17にワインツーリズムやまなしがありました。ご来場の皆様、ありがとうございました!3年熟成エチュードの販売などツーリズムならではの企画をしましたが、畑チームではゲームと景品グッズの製作をしました。お客様に丸藤での時間を更に楽しんでいただけたら、との思いで始まったこの企画です。コルクをブドウの穴に投げ入れるという見た目は簡単なゲーム。そのゲームがコチラ。

IMG_4581

左が「コルク de シュート」で右が今秋新作「コルク de バスケット」。手前の看板も当日の直筆手作り。

1ゲームの持ち球は2つのコルク。入りそうでなかなか入らない。この絶妙な難易度で盛り上がりました。そしてコルクが入った方にお渡しした景品はコチラ。

IMG_4587

ルバイヤートロゴ入りのコルクを使ったキーホルダーとお花オブジェ。

右のお花オブジェはなかなかの出来で(自分で言うのもなんですが)テーブルや机の上に置くと可愛いです。「彼女や奥さまにプレゼントの為にこのゲームやりにきました!」なんて人が来てくれたら嬉しいですね。丸藤の売店にも置いてありますので、気になる方は実物を見にきてください!もちろんワインを見に来ていただきたいのが第一です(笑)。ワイン造りやブドウ栽培も大事ですが、イベントにも情熱を注いでいる丸藤スタッフの一面を紹介しました。皆様の次回ツーリズムのご参加、心よりお待ちしております!

以上、山下でした!

ビニール巻き巻きの巻

本日の勝沼は雨。ここ一週間は曇りや雨の日が続いております。今回は前回のブログの続きの作業。乾かしたビニールを回収するまさにタイトル通りのことをお伝えします!タイトルは言ってみたかっただけです(笑)まずは巻き作業の様子から。

IMG_4529

こちらはビニールを乾かしている状態。前回のブログのままです。

IMG_4531 IMG_4533

まずは留めているクリップを外して・・・

IMG_4535

こんな感じで巻き巻きします。収穫箱×4段の上に段ボールを載せているのがミソ。

IMG_4537

ビニールの先端には重し用の板も取りつけます。こうすることでキツめに巻けるわけです。

写真を見る限り単純な方法なのですが、この方法に行きつくまでに数年を要しました。「上手く、キレイに、早く、ラクに」を追求した結果とも言えます。常に考えるって大事なことですね。そして来週はワインツーリズムです!晴れますように・・・!

今回はこれまで!また更新します!山下でした~!

ビニール片付け

もう季節は秋。そして11月になりました。丸藤から見える山の上の方は色付き始め、遠くに見える南アルプスの山にはうっすら雪が積もり始めています。

収穫を終えた畑の方は草刈りを終えて雨避けビニールの撤収作業を始めました。ブドウは生食用でも醸造用でも雨に当たらない様に笠紙やビニールで雨避け対策をしています。笠紙は収穫の時に捨ててしまうのですが、ビニールは再利用しています。なのでまずは乾かして、それから回収します。その様子をどうぞ。

IMG_4371

こちらは旧屋敷という畑。収穫が終わってからビニールはそのままでした。IMG_4376

この様にビニールはクリップで留まっているので外します。

IMG_4375

ビニールの上側だけにクリップを付けて干している様子。前の写真と比べると違いがわかります(笑)

ワイナリーや農家さんによって雨避け対策は様々です。他の畑を見る時はさりげなくチェックしています。これも仕事です。

日もすっかり短くなりました。午後5時前の夕暮れ時、丸藤の駐車場から見える景色は良いですよ~。

IMG_4380

地元の人が「この景色を見られる勝沼はほぼほぼリゾートだよ。」と言っていました。確かに!山に囲まれてるが故の素敵な景色です。

また更新します!以上、ヤマシタでした!

 

2018年度、収穫と仕込みが終了!

本日の勝沼の最低気温は6℃。こたつはもう出した?とか、10月に出したら負け組だ!とかそんな会話もこの時季ならではです。

タイトルの通り、先週の10/20に自社圃場の甲州の収穫が終わり、10/22に今シーズン最後となる甲州の仕込みを無事に終えることができました。最後の収穫の様子をどうぞ。

IMG_4086

こちらは宮ノ下という名前の畑。毎年最後に収穫する甲州の畑です。

IMG_4088

この運搬機は「バタバタ」と呼ばれています。エンジン音がバタバタしているから(らしい)です。

IMG_4087

あ!あそこに収穫し忘れがあるじゃん!棚仕立ての収穫あるある。

IMG_4090

最後の房を切り終えた時に援軍が!「あ、終わっちゃった?」と一言。和やかな雰囲気の締めくくりでした。

IMG_4354

今シーズン最後の甲州仕込みの様子。ブドウを投げ入れては選果して除梗破砕します。

IMG_4351

ブドウを入れた収穫箱はフォークでどんどん運ばれてきます。投げ込む人には良い筋トレ(笑)

収穫が終わると同時に来年の収穫に向けてのスタートなのですが、まずは終わって一安心。畑の方はビニール片付けと草刈りから始めます。

また更新しますね。以上、ヤマシタでした!

台風24号通過とプティ・ヴェルドの収穫

少し前の話ですが、9/30に台風24号が日本を縦断して畑や建物の施設がやられた勝沼です。丸藤では雨避けのビニールの骨組みが曲がったり、敷地内の木が折れたりと台風通過翌日は修理と片付けに追われておりました。そして畑では棚のビニールが吹き飛び、トンネルメッシュが翼の断面図の様にぺしゃんこになってしまいました。

IMG_3977

少し曲がったトンネルメッシュ

IMG_3978

翼の断面図の様にぺしゃんこのトンネルメッシュ

 

そんな中、畑ではプティ・ヴェルド垣根と棚の収穫が無事に終わりました。9月末までに垣根を、10/8までに棚を取り終えました。九月に雨が多かったせいか晩腐が出てしまっている房もあり、手入れに時間が掛かりましたが何とか完了です。

IMG_3973

垣根のプティ・ヴェルド

IMG_3991

棚仕立ての収穫の様子。傘紙を取って手入れをして・・・の繰り返しです。

IMG_3994

棚のプティ・ヴェルド。台風の影響で葉がほどんどありません(笑)。

どのワイナリーも収穫と仕込みは終盤戦。最後の甲州まで仕込みは続きます。。。

また更新します!以上、山下でした!

メルローの果汁分析

平成の最強台風と言われている台風21号が接近していますね。こちら勝沼でも観光ブドウ園が収穫を早めたりビニールハウスの補強などに追われていて昨日はざわついておりました。収穫前に雨が降るとブドウの皮が割れてしまったり病気やカビが発生することがあるので栽培としても心配です。

今日は果汁分析を行いました。果汁分析をすることで今年のブドウの状態や収穫の丁度良い頃合いが分かります。糖度が高ければ早めに収穫を、低ければもうすこし先に収穫をしよう、といった感じです。ブドウの粒を手で潰して果汁を絞り出して比重とphを計ります。

今回は契約農家さんのメルローを分析。搾った果汁の色はこんな感じです。

image77 image78

同じメルローでも地域や標高、樹の年齢などによってこんなに色みが違います。もちろん糖度などの分析値も異なります。実際に飲んでみると果汁100%のブドウジュースなので甘いです(^^)

収穫中のブドウを食べてみたり、果汁を飲んでみたりして糖度や酸を舌で感じることも勉強です。ですが暑いときに飲むと炭酸で割りたいな~と思ってしまうのも事実です(笑)。

また更新しますよ~!以上、山下でした~!

2018、収穫スタート!

九月に入り、どのワイナリーもワインの仕込みで忙しくなってきました勝沼です。

前回の更新から・・・、のくだりはさておき・・・(笑)。

タイトルの通り、自社圃場の収穫が8/29に始まりました!

まずは白ブドウのシャルドネです。その様子を撮りましたのでご覧ください。

image72

自社圃場の旧屋敷畑にて。この様な感じで社員で一斉に収穫します。

image73

こちらが手入れ前のシャルドネ。黒いのが痛んだ粒でこれを取り除きます。

image74

手入れ後の房。この手入れバサミで一粒一粒腐れを抜いていきます。

image75

手入れをしたブドウは収穫箱へ。右のカートに座ってコロコロと移動します。

image76

一箱にブドウを10キロ入れます。箱の重さは1.5キロなので量りで11.5キロに合わせます。

今回収穫したシャルドネはスパークリング用。収穫した翌日に仕込みを行いました。

この収穫を目指して一年間ブドウを管理してきたのでとりあえず一安心ですが、醸造はこれから始まります!終わった様でまた始まります(笑)。

また更新します!以上、山下でした!

炎天下の摘房作業

七月も下旬に入り猛暑が続いております勝沼です。ここ数日は最高気温が35℃以上です。畑のブドウの方は大きな病気や害虫が発生することなく、順調に成長しております!

更新が一カ月途絶えておりました。すみません。。。

畑の方は摘房(てきぼう)作業を行っております。摘房とは新梢に結実したブドウを切り落として房の数を減らすことなのですが、減らすことで残った房により多くの養分を送ることができます。四人の子供にシャインマスカットを一房あげるより、二人の子供にシャインマスカットを一房あげた方がより大きく成長する!みたいな感じでしょうか。。。

勝沼風で例えてみましたが怖くなってしまいましたね(笑)でもそういうことです!黒系のブドウは摘房することで色も出やすくなります。摘房は1つの新梢に3~4房あるものを枝の強さに応じて0~2房に減らします。さらに肩と呼ばれる部分も落とします。

image69果房に肩が付いている状態。写真はプティ・ヴェルドー。

image68

肩を落とした果房。すっきりしますね。

垣根の畑は日影が少ないので摘房作業は暑いです(+o+)

image71

上の写真はメルロー。色が入り始めてます。

今年はブドウの成長が一週間程早いのでワインの仕込みもそれに応じて早くなりそうです。

また更新します!以上山下でした!

« Older Entries