Monthly Archives: 12月 2011

私の仕事

私は青柳と言います。
社員の中では最長老群の中に入ってしまいます。
仕事は主にろ過や瓶詰め ラベル貼りなどです。
時々コンクリート貯蔵庫に眠っているワインを出してきて、きれいにふきあげてキャプシールを付け、ラベラーで貼り売店そして酒販店さんなどに出せるようにしています。
貯蔵庫に眠っていたワイン
ふきあげ
毎回どんな人たちが飲まれるのだろう?と思いながら…
今年ももう終わりですが来年もスムーズに仕事をこなして行けるよう頑張りたいと思います。

私の趣味

はじめましてです
人生初めてのブログデビューです
私の仕事は、事務担当をしております。
電話・FAX・メール等の注文を受け、次に伝票を発行・発送業務の流れで行っています。
ある、お休みの日の一日です。
趣味の一つは、庭いじり花つくりです
小さなお庭に、冬の花たちを植えました
寒さの中けなげに咲いてます。
111223_150640.jpg
玄関の花
我が家の植物たちです
名称未設定-1
111223_210737.jpg
元気に育ってま~す
我が家の玄関のドアのを開けると植物達が迎えてくれます。
リビング同様いやされる瞬間です[emoji:i-260]
今年もあとわずか、みなさま良いお年をお迎えください[emoji:e-342]

メリー クリスマス!!

メリークリスマス!!
リース
はじめまして!
主に樽の管理と畑仕事を担当しています、安蔵です。
どうぞよろしくお願いいたします。
それにしても、毎日、寒いですね~
こんな日は、
やっぱり   でしょう!
ということで、今晩の夕食は、「水炊き」にしました!
水炊き
熱っ、あつで、美味しい~!! 
水炊きには、ポン酢&
柚子胡椒
柚子胡椒!!
そして、これに合わせるワインは、もちろん・・・
ジャーン!!
シュールリー
そう!甲州シュール・リー!!
まずは、鶏肉をポン酢につけてパクリ、シュール・リーをゴクリ!
次に、鶏肉を柚子胡椒をつけてパクリ、シュール・リーをゴクリ!
美味しい! 
ポン酢や柚子胡椒の柑橘とシュール・リーの柑橘系の香りが、とてもよく合う!
甲州シュール・リーは、万能選手
鍋やお節料理に、とっても合います。
これからの時期、大活躍!!
皆さんも是非、お試しください!!

シェフドフランスにいってきました

主に経理事務を担当している三科です
12月16日南アルプスの《シェフ ド フランス》に行ってきました[emoji:i-184]
フランス料理店ですが 季節ごとに変わる パフェが有名です[emoji:i-178]
毎年 必ず食べに行きます
ビッグパフェ
こんなに大きいサイズなのに 何と[emoji:i-199]
ビッグパフェ完食
あまりの美味しさに なんと 完食しちゃった[emoji:i-185][emoji:i-185]

はじめまして

はじめまして。谷本です。
ワインに造りでは分析を中心に、その他ではホームページ、メルマガによる情報発信などを担当しています。
ところで皆さんは丸藤葡萄酒のブランド名がペルシャの四行詩集「ルバイヤート」に由来していることは、すでにご存知でしょうか?。
この弊社のブランド名、命名のいきさつは弊社ホームページにてご覧いただけます。
ルバイヤート「四行詩」
11世紀ペルシャの詩人オマル・ハイヤームによる四行詩集「ルバイヤート」
昨年は弊社120周年を記念して皆様から四行詩「ルバイヤート」を募集しました。沢山の応募作品の中から審査員による厳正な審査の結果、8作品を表彰させていただきました。
受賞作品は弊社ホームページにてご覧いただけます(※掲載は終了いたしました)。
受賞作品以外も、とても素晴らしい個性豊かな作品ばかりでしたので、紹介できる場はないものかと思っていました。
この度スタッフブログが始まりましたので、私が担当する回には応募作品の中から、谷本チョイスの作品を1作品づつ紹介させていただきたいと思います。
本日の四行詩「ルバイヤート」
           今どき 継ぐべき家があるのは 何と幸せなことだろう
           降りしきる雪のなか 次々と列車が着いては遠ざかる
          伝えるべき何かが この手に実るのは 何と暖かいものだろう
          幼子のまあるい頬に とまったゆきも ほら見る間に溶けて行く
                                   東京都 NAKOさん
丸藤葡萄酒工業株式会社 創業120周年記念 ルバイヤート(四行詩)募集 応募作品より
もうすぐクリスマス。一番大切な人と素敵なクリスマスを過ごせるといいですね!。

ワイナリーツアー。

はじめまして。野田です。
ワイナリーでは製造中心です。あと、国産ワインのイベントや展示会・試飲会など行われる時は
出かけることがあります。
私、ワインを楽しむポイントは、
その土地の歴史・風土・食べ物・人を知ると、さらにワインが楽しくなると考えてます。
よって、スタッフブログを通して、ワイナリーツアーでこちらに来られる方々に、もっと山梨を知ってツアーを楽しんで
いただけるような案内ができればと考えてます。
まずは、丸藤葡萄酒からもっとも近くにある温泉からご紹介。
ももの里温泉
桃の里
会社から車で5分ほどです。
furo_photo02[1]
露天風呂もサウナもあり良い温泉でした!
夜景と夜空を見ながら、旅の疲れを癒してくれます。
そして温泉のあとは、食事とワイン!
会社からも近く(車で3分ほど)ワインが楽しめるお店と言ったら!
ここ、ミル・プランタン」!!
ミルプラ
ここは山梨のワインと地場の食材を楽しませて頂けるビストロ。
五味夫妻が明るく楽しくサーヴィスしてくれます。
お勧めの県産ワインがグラス1杯からたくさん味わえます。
美味しい料理と美味しいワインでツアーを締めくくってください。
と、こんな感じで丸藤ワイナリーから近い温泉や食事ができるお店などを案内していきたいと思いますので、
週末は楽しいワイナリーツアーを計画してください!

キムチを仕込みました

はじめまして。
大村(智)と申します。
売店や営業事務で皆さんのお世話になっております。
師走は一日一日が慌しく過ぎて行きますね!
そんな貴重な師走の休日の半日を使って、
地元の働く奥さん仲間と白菜キムチを作りました。
今ではすっかり年末恒例の行事となりました。
韓国でもキムチをつける時は主婦達が集まり、
世間話に花を咲かせるそうです。
1日前にベテラン奥様に沢山の白菜を塩漬けしてもらってます。
(忙しい中本当に準備等有難うございました!!)
旬の白菜、今年はとっても甘くて美味しい。
まずヤンニョム(白菜に漬け込む具)づくり。
トントントン・・皆現役主婦、野菜を切る包丁の音もリズミカル。
ニンニク、にら、玉葱、長葱、ごま、魚介の塩つけ、旬の大根もたっぷり。
(うーん体に良さそう・・・)
ゴム手袋をつけて丁寧にヤンニョムを白菜の間に丁寧にぬっていきます。
後はビニール袋にいれて味がなじむのをまちます。
キムチづくり
キムチづくり2
キムチは体をポカポカにするカプサイシンがたっぷり。
早めに食べればサラダ風、1週間位で食べごろ、時間が経ってもいろいろな料理にアレンジできる!
勝沼の冬は本当に寒い、未だに慣れることはありません。
これからが寒さ本番、体を温めて冬を乗り切りたいです!
ブログを見て下さった皆様、どうぞお風邪など引きません様に。

ちょっと デカイ?

ワタクシ、主に製造の方を担当しております。
今日も引き続き、仕込み中に活躍した醸造器具のメンテナンスを行いました。
まず、頑固な汚れをアルカリ洗浄し、点検をします。
そして、今シーズン問題があった箇所も、記憶の新鮮な今のうちに改善して、来シーズンに備えます。
まだ、汚れが残っていいますね
まだ、あちこち汚れが残っていますね。
製造現場といえば、長靴。たかが長靴、されど長靴。個人の特徴が現れています。
白い方が一般的なサイズ、ワタクシのはグレー
親子の様ですが、白い方は一般的なサイズ、ワタクシのはグレーです。
デカくていいことは、『ブドウを潰すとき』。これはウソで、置き場所をとるくらいでいいことはありません。
もし、ワイナリーにお越しの際は、スタッフの足元にも注目してみて下さい。
では最後に、寒くなってめっきり出番の少なくなった、ワタクシの愛車をご覧下さい。
RIMG1067.jpg
次回まで
Cheers! 斎藤でした。

身近な最近の出来事!

社長の大村です。
ルバイヤートワインに関心をお持ちの皆様、いつも有難う御座います。
弊社でもスタッフブログを始めると言う!逃れられそうもない状況である。
取り敢えず、最近の出来事を綴ってみる。
11月25日新旧交代があった。13年145,000km走り続けてくれた愛用車、日産ステージアまだまだ走るのにと思いつつもについに別れを告げる日が来た。新しい車はトヨタプリウスα。縁戚にトヨタ車のディーラーがいてなおかつ燃費の点でこの車に落着いた。
ステージアも当時としては燃費の良い車と認識していたが時代は大きく変わりハイブリッド、電気自動車の時代になった。信念として車は10年または10万km乗り続けることを心に決め、かつて乗り継いだ3台の車は皆10万kmは突破してきた。3代目のステージアに最も長く乗った。果たして今回は全うできるか?
右がステージア、左がプリウスα。プリウスはまだ慣れず自宅の駐車場に止める時、フロントバンパー?の位置感覚が掴めないまま15日が過ぎた、スマホと同じで今のカーナビ使い方解りにくい\(^o^)/!

Read more »

オハツキイチョウ

はじめまして!
丸藤葡萄酒で畑を担当している竹内と申します。丸藤スタッフでは数少ない山梨県生まれ・育ちです。
このブログでは主に畑および山梨の風景について書いていきたいと思っています。
4日の日曜日に身延町にあるオハツキイチョウを見に行ってきました。オハツキイチョウとはイチョウの変種で、葉の上に実を結ぶ、または葉上に葯を付けるイチョウのことをいい、全国に約20本ほどの存在が知られています。
樹の全体図はこんな感じです、普通のイチョウと変わらないですね…
全体
もう少し近づいてみます、綺麗に紅葉ならぬ黄葉してますね!
DCF00028.jpg
なんと天然記念物です!!
DCF00030.jpg
オハツキイチョウの名前の由来はこの実からです、葉に銀杏がくっついてます!最初に見た時は驚きました
DCF00029.jpg
全部の実が葉の上に結実するわけではなく、全体の10%くらいということです
妻と20分くらい探しましたがこの2つしか見つかりませんでした
DCF00026.jpg
来年は葉が青い時点から来て、樹についている状態を見てみたいと思います

« Older Entries