はじめまして


こんにちは、昨年8月に入社した新人の塩谷です。
日本のブドウ栽培とワイン造りに興味を抱き、勝沼にやってまいりました。
多くのワイン愛好家の方がそうだと思いますが、私もフランスやその他ヨーロッパのワインに魅せられ、この世界に入りました。また、ニューワールドと呼ばれる産地で生活してきたこともあり、まだまだ日本のワインやブドウ栽培について知らないことが沢山あります。焦らず、一歩一歩、作り手として成長していければと思います。
今回は初めてのブログなので、自己紹介も兼ねて、私が2011年のヴィンテージにお世話になった、カリフォルニア、ナパ・バレーの畑やワイナリーの写真をご紹介します。
DSC00472 (1024x768)
冬季、仮剪定済みの古木のジンファンデル!やっぱり古木は存在感があります。
DSC00470 (1024x768)
カベルネ・ソーヴィニヨンだったかな?
DSC00462 (1024x768)
テイスティング・ルームへ誘うディスプレイ用オーク・タンク。大きいです。
DSC00458 (1024x768)
様々なサイズのステンレス・タンク。奥に小さく見えるのがピノ・ノワール用の解放タンクです。天井にはパンチング・ダウンの設備がバッチリ!
ナパはお金持ちのワイナリーが多く、設備が羨ましいほど充実しています。また、ワイン・ツーリズムが盛んなので、観光地として成功していることが特徴でしょうか。アメリカは全てがダイナミックだなぁとしみじみ思います。
以上、塩谷でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*